最新情報・お知らせ

真庭バイオエネルギー株式会社と「電気需給契約」を締結

2020/03/18
 3月18日(水)、おかやまコープは、真庭バイオエネルギー株式会社と「電気需給契約」を締結しました。電気の使用は4月1日から開始します。

 おかやまコープは、地球の持続可能性を揺るがす気候変動の脅威に対し、温暖化温室効果ガス排出量を2030年に2013年度比で58%とする目標を立て、削減に取り組んでいます。
 一方真庭市は、「SDGs未来杜市(みらいとし)」として地域資源を活用した循環型社会の実現に取り組まれています。2015年より、地域の未利用木材の「木質バイオマス資源」を活用して真庭バイオマス発電所での再生可能エネルギー発電が開始され、エネルギーの自給率の向上や中山間地域経済の活性化にもつながっています。
おかやまコープはエネルギーの地産地消への参加の具体策として、「包括連携協定」を締結する真庭市の真庭バイオマス発電所の電気を真庭バイオエネルギー株式会社から購入し、宅配など37施設(子会社含む)で利用することとなりました。また民間団体への電気供給は岡山県内で初めてとなります。

 真庭バイオマス発電株式会社で行われた締結式では、真庭市 太田昇市長、真庭バイオマス発電株式会社 中島浩一郎代表取締役が来賓として出席し、おかやまコープ 平田昌三理事長と真庭バイオエネルギー株式会社 澁澤壽一代表取締役が契約書に押印しました。


契約を締結した澁澤代表取締役(左)と平田理事長


左から、真庭市 太田市長、真庭バイオエネルギー株式会社 澁澤代表取締役、おかやまコープ 平田理事長、真庭バイオマス発電株式会社 中島代表取締役



 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ
資料請求