最新情報・お知らせ

建設型仮設住宅へ“あたたまるコープ商品 ”をお届け

2020/12/23

 

12月23日、西日本豪雨で被災され倉敷市・総社市の建設型仮設住宅にお住まいの方に「あたたまるコープ商品」をお届けしました。
「年末年始を少しでもあたたかく過ごしていただきたい」との思いから、倉敷市・総社市の社会福祉協議会と協同で毎年行っており、今回が3回目となりました。


倉敷市の6つの建設型仮設住宅《柳井原仮設(船穂町)、二万・岡田・みその・市場・真備総仮設(真備町)》では、職員と倉敷エリアの西條理事(写真右)・清水委員長(写真左)が一軒ずつ訪問して、「寒くなりますのでお気を付けて」「よいお年をお迎えください」とお声がけしながら商品を手渡しました。
総社市《昭和仮設》の皆様には、総社市役所の方にお願いしてお渡しいただきました。
 



「あたたまるコープ商品」は、餅やスープ、調理済みおでん、ラーメンなど8点。
組合員さんから寄せられたメッセージと折り紙のサンタさんを添えました。
 

前週と打って変わってポカポカと暖かい日より。
日向ぼっこをしている方もおられたので、ひとときご一緒しました。


商品をお渡しすると笑顔で受け取ってくださり、「毎年ありがとう」「コロナでなかなか出かけられないから、商品をいただくのはうれしい」「いいお正月になりそう」などと喜んでくださいました。
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ