かけがえのない地球、未来のこどもたちへ


助成事業

 

   公益財団法人おかやま環境ネットワークでは、県内で活動する環境団体を財政面から
  支援することを目的に、助成事業を実施しています。
   助成事業は、翌年度(4月〜2月)に実施を予定している環境問題についての調査研究
  活動やおかやま環境ネットワークとの協働事業、並びに環境保全活動などに財政面から
  支援する制度です。
   応募期間は例年11月1日〜12月15日とし、2月に助成団体や助成額を決定します。


   助成成総額は、その都度、当財団の理事会で決定します。1団体あたりの助成額は、
  調査研究活動・協働事業の場合は20万円を、環境保全活動などの場合は10万円を
  上限としています。
   助成を受ける団体は、助成活動報告書・会計報告書の提出と合せて、助成活動報告
  会への参加が義務付けられます。
   この制度を積極的にご活用いただき、県内での環境の取り組みが前進することを願って
  います。


 
◇2017年度助成事業に募集される団体の皆様
   必ず、募集要項等を十分にご確認の上、ご応募ください。
   応募期間:2016年11月1日〜12月9日午後5時必着
    ※締切日以降、申請書の修正はできませんので、早めにご相談・ご提出ください。

   1.募集要項
   2.提出書類  ※2017年度募集は12月9日をもちまして締切しました。
    @.要望書
    A.団体紹介表
 
 
  >> HOMEへ

 『助成活動報告会』ご案内

   岡山県下で環境活動を行う団体や個人が集い、日ごろの活動を紹介してさらなる活性化、
 相互のネットワーク形成をめざし開催します。
 
  ◆日時:2017年5月13日(土) 13時〜15時
  ◆場所:オルガ5階スカーレット(岡山市北区奉還町一丁目7−7)
  ◆定数:50名(先着)
  ◆参加費:無料 ※資料の準備の都合上、要申込
  ◆申 込:5月8日(月)までに下記「参加申込書」、または「参加申込書」の内容をご連絡ください。
  ◆内 容:2016年度助成団体活動報告と参加者交流と、2017年度助成団体への目録進呈
   詳しくは下記チラシをご覧ください。
  ※2016年度助成を受けた団体は活動報告会に出席し、事業成果を報告してください(必須要件)。
   また、2017年度助成を受ける団体も参加ください(必須要件)。


   チラシ
 
 
 『助成活動報告会』開催報告

  2015年度助成を受けた全10団体からの報告と、おかやま環境ネットワーク役員からの感想、
 参加者間の質疑応答と情報交換をすすめました。
 
 
@.日時:5月14日(土)
 A.場所:オルガ5階スカーレット
 B.参加:35名
 C.助成団体報告:団体名とテーマ
   開会挨拶 野上祐作・おかやま環境ネットワーク理事
    

   司会 宮本紀子・おかやま環境ネットワーク評議員
   以下、報告団体です。
   1.あかいわ美土里の和
   2.千年の森つくりグループ
   3.認定NPO法人共存の森ネットワーク
   4.里海づくり研究会議
   5.旭川源流大学実行委員会
   6.岡山野生生物調査会
   7.中学高校環境研究会
   8.アユモドキ里親会 9.児島湾研究会
   10.あかいわエコメッセ
   11.おかやまコープ井笠エリア
   
 D.質疑応答
 E.参加者感想
  ・自分の住んでいる岡山で、これほど多くの団体が活動していることに驚きました。
   岡山は環境に対する意識が高いなと誇りに感じました。
  ・岡山県で様々な活動を知ることができて良かった。
   私たちは海で活動しているが、海と川との共同で何かできたら面白いと思った。
  ・活動されている団体が沢山あることを初めて知りました。
   森においても手入れされ、再生されている“美しさ”だったのだと、今更気づきました。
   専門的な用語も分かりやすく伝えて頂き、知りたい、学びたい、守りたい、という気持ちになりました。
   参加でき、ありがたい時間となりました。
  ・どの団体も地道な活動を根気強く続けておられて感心しました。
  ・回転が良く、内容も整理されていてよかった。
  ・若い人たちの活動を聞くことができて、元気をいただきました。
   旭川流域をはじめ、水域での調査、研究が興味深かった。少しでも関わりができればよいと感じた。
  ・どの団体も熱い思いで活動されていることにすごいなと思いながら聞かせてもらいました。
   特に学生さんが中学生さんをサポートしたり、聞き書きを行われたりと頭の下がる想いがします。
   山・海どちらも継続されているからこその活動なんだろうなとも思いました。
   刺激をもらったので、私たちも自分たちにできる活動を頑張っていこうと思いました。
  ・海、里海、山里、森づくりが多くの人々によって、取り組まれている様子がわかり多くを学べました。
  ・岡山県内に環境に関する活動をされている団体の報告を聞かせていただいたのは初めてで、
   多くの方が環境活動に係っておられ専門的に取り組まれていることを知ることができて勉強になりました。

 >> HOMEへ 
◇2017年度助成団体一覧
団体名 企画名
1 つやま演劇教育研究会 演劇を介したクールチョイスの周知・促進
2 あかいわ美土里の和 里山再生プロジェクト
3 おかやまコープ美作エリア バイオマス産業杜市「真庭」に学ぶ環境保全活動
4 あかいわエコメッセ 第19回あかいわエコメッセ(環境企画展)
5 千年の森つくりグループ 豊かな美咲町自然・環境、人づくり!
6 岡山理科大学附属高等学校科学部 旭川流域河川の底生動物を利用した水環境調査
7 認定NPO法人共存の森ネットワーク アマモ場再生で形成される日生の食文化の伝承
8 特定非営利法人里海づくり研究会議 沿岸海域における物質循環促進技術の開発
◇2016年度助成団体一覧
 ※「企画名」をクリックすると、各団体の活動実績報告書が開きます。
   団体名 企画名 
 1  「ホタルの里」を記録する有志の会  「ホタルの里」のものがたり作成
 2  あかいわ美土里の和 里山再生プロジェクト 
 3  特定非営利法人里海づくり研究会議 沿岸海域における物質循環促進技術の開発 
 4  千年の森つくりグループ 美咲の森―豊かで、輝く郷つくり 
 5  おかやまコープ岡山東エリア 親子で学ぶ「瀬戸内海の生き物と環境」 
 6  あかいわエコメッセ 第18回あかいわエコメッセ(環境企画展) 
 7  岡山理科大学附属高等学校科学部 旭川流域河川の底生動物を利用した水環境調査 
 8  認定NPO法人共存の森ネットワーク 誇りを持って日生を担う若者を育てる 
 9  おかやまエコマインドネットワーク 地域を活かす農業と食の安全 
◇2015年度助成団体一覧
 ※「企画名」をクリックすると、各団体の活動実績報告書が開きます。 
 団体名 企画名 
1 あかいわ美土里の和 里山再生プロジェクト 
2 アユモドキ里親会 アユモドキ教本作成プロジェクト 
3 児島湾研究会  児島湾漁民の特異性調査・冊子作成 
4 千年の森つくりグループ 千年の森―みんなで楽しめるビオトープの森つくろう! 
5 あかいわエコメッセ 第17回あかいわエコメッセ(環境企画展) 
6 岡山野生生物調査会  旭川河口域及び児島湾の生物調査 
7 中学高校環境研究会  旭川現流域での生き物・地史調査 
8 旭川源流大学実行委員会  旭川流域のオオサンショウウオ調査及び市民観察会 
9 里海づくり研究会議  沿岸海域における物質循環の促進〜カキ殻に増殖した動物群集の物質循環機能の解明〜 
10 認定NPO法人共存の森ネットワーク  アマモ場再生活動と日生の漁食調査を通した人材育成 
11  おかやまコープ井笠エリア 今のくらしを見通し、環境にやさしいくらしを広めよう! 
 ◇2014年度助成団体一覧
 ※「企画名」をクリックすると、各団体の活動実績報告書が開きます。
   団体名 企画名 
1 あかいわ美土里の和 里山再生プロジェクト 
2 千年の森つくりグループ 美咲町限界地区竹の粉砕・堆肥化推進 
3 おかやまエコマインドネットワーク ボクらの未来のために持続可能な社会の扉を開く映画会
4 旭川源流大学実行委員会 鏡野町富のオオサンショウウオ生息調査 
5 岡山野生生物調査会 『ワイルドライフ ウォッチング』岡山の野生生物はどうなっているのか? 
6 中学高校環境研究会 源流に泊まって調べよう ふるさと再発見!旭川まるごと探検隊 新庄川中高生キャンプ 
7 共存の森ネットワーク アマモ場再生活動を通した人材育成 
8 あかいわエコメッセ 第16回あかいわエコメッセ(環境企画展)
9 里海づくり研究会議 沿岸海域における物質循環の促進 カキ殻を活用したモザイク状エコトーン創生技術の開発
10 おかやまコープ備北エリア 倉敷科学センター見学
 ◇2013年度助成団体一覧
 ※「企画名」をクリックすると、各団体の活動実績報告書が開きます。
  団体名  企画名 
1 千年の森つくりグループ 森つくり事業 感謝のつどい開催、森・棚田・竹林の維持・保全活動 
2 あかいわ美土里の和 里山再生プロジェクト 
3 真庭ハンザキ調査隊 まだまだ調べる 真庭のハンザキ 
4 おかやまエコマインドネットワーク 自然エネルギーってなんだ?自然エネルギーパワーを見つけだそう!ワークショップ 
5 旭川源流大学実行委員会 旭川源流大学―旭川まるごと探検隊 富・白賀渓谷調査隊― 
6 岡山野生生物調査会 ワイルドライフ ウォッチング 岡山の野生生物はどうなっているのか? 
7 里海づくり研究会議 岡山県日生地域における海の歴史が育んだ地域にもとづく里海像の設計 
8 おかやまコープ倉敷エリア 瀬戸内の海を知ろう〜漁業を通して〜 
◇2012年度助成団体一覧
 ※「企画名」をクリックすると、各団体の活動実績報告書が開きます。
   団体名 企画名 
1 里海づくり研究会議 ミニシンポジウム「日生を里海に」アマモと牡蠣の海〜ひなせ千軒漁師の里〜 
千年の森つくりグループ 千年の森の管理・保育事業と美咲の森完成記念のつどい 
おかやまエコマインドネットワーク 食とエネルギーの地産地消を考える 
中学高校環境研究会 「第3回旭川源流大学in津黒高原」 
あかいわ美土里の和 里山再生プロジェクト 
おかやまコープ美作エリア 「バイオマスって知ってる?」 
◇2011年度助成団体一覧
  ※「企画名」をクリックすると、各団体の活動実績報告書が開きます。
 団体名 企画名 
1 あかいわエコメッセ 第13回あかいわエコメッセ 
2 エコライフたかはし 高梁川水辺とその歴史調査 
3 おかやまエコマインドネットワーク エコで味わおう!岡山の海の幸、山の幸 
4 岡山県恩原高原ウスイロヒョウモンモドキ特別委員会  ウスイロヒョウモンモドキの保全と周辺の環境調査
5 岡山淡水魚研究会  永江川河口湿地の形成と現状から、今後の保全のあり方を検証する 
6 岡山野生生物調査会 『ワイルドライフ ウォッチング』岡山の野生生物はどうなっているのか?  
7 河辺・高野(親子)自然教室  自然から学ぶ 
8 生活共同組合おかやまコープ岡山東エリア 環境パス〜ECOを知ろう〜
9 千年の森づくりグループ 美咲町境146杉山清志・棚田ほか 千年の森づくり事業(2年目)保育と植樹
10 竹枝を思う会・たけえだ水辺の楽校実行委員会  竹枝「生きものの里づくり」プロジェクト2011(竹枝小学校周辺の身近な生きもの調査) 
11 中学高校環境研究会   ふるさと再発見!見て、泊まって、調査して、源流をまるごと体験!
『第2回旭川源流大学in新庄村』
  
12 真庭ハンザキ調査隊  とことん調べる 真庭のハンザキ 
◇2010年度助成団体一覧
   団体名 企画名 
1 あかいわエコメッセ  あかいわエコメッセ2010 
2 いきいき河会むらづくり実行委員会  河会川上流に係る源氏ホタル養殖・放流とホタル祭りの実施 
おかやまエコマインドネットワーク  生ゴミ処理のLCA解析評価による自治体への提案及び生ゴミたい肥化の推進 
生活共同組合おかやまコープ井笠エリア  環境保全並びに啓発活動 
NPO法人岡山淡水魚研究会  岡山市に住む淡水魚の展示 
岡山野生生物調査会 『ワイルドライフ ウォッチング』岡山の野生生物は今どうなっているのか? 
かいわれの会 若者と岡山エコ活動人のトークライブ「だっぴ2011」 
千年の森つくりグループ  美咲町境・棚田千年の森つくり初年度保育事業 
中学高校環境研究会  第15回ふるさと発見!中高生のための水辺教室
白賀渓谷の源流に泊まろう・学ぼう・調べよう 
10  御津の「みどり」と「清流」を守る会  「宇甘川流域生き物調査プロジェクト」 
◇2009年度助成団体一覧
   団体名 企画名 
あかいわエコメッセ  あかいわエコメッセ2009 
おかやまエコマインドネットワーク  生ゴミ減量化をめざす堆肥プロジェクト循環型システムづくりのための調査研究 
NPO法人岡山淡水魚研究会  児島湖に生息する魚類の調査とそれらの展示をとおして環境学習を図る 
かわれの会  若者と岡山のエコ活動人のトークライブ 
児島湾水圏環境研究会  児島湾における水圏環境の変遷過程の総合的研究 
児島の今と昔を調べる会  昔と今の風景写真を比較して環境の変化を調べよう 
生活共同組合おかやまコープ備北エリア  家庭の電気ダイエットコンクール2009 
中学高校環境研究会  旭川復活プロジェクト「中高生のための水辺教室」 
西川楽会  緑道公園を中心とする西川の調査 
10  みゅーじかる劇団きんちゃい座  環境ミュージカル「津山太助と仲間たち」 
11  夢づくりクラブ  総社ホタル再生活動計画 
  >> HOMEへ
 助成活動報告書集発行のご案内(2011年4月発行)
 『おかやま環境ネットワークがささえた環境保全活動(1999〜2008)』


  1999年〜2008年までの10年間の助成事業の対象団体における活動報告書を発行しました。

  ◆申込:おかやま環境ネットワークへ送付先・冊数をご連絡ください。
       手数料(送料込)として500円要。振込用紙を同封し郵送します。
       到着後、ご入金ください。


       

  ◆目次
   まえがき おかやま環境ネットワーク理事長 青山 勲
   T.本文
    Part 1 児島湖・児島湾の水圏環境とその変遷など
          監修 (財)おかやま環境ネットワーク・評議員 奥田 節夫(京都大学名誉教授)
    Part 2 河川環境及び環境意識の調査など
          監修 (財)おかやま環境ネットワーク・理事 野上 佑作(岡山理科大学教授)
    Part 3 岡山県内に生息する生物種の保護及び分布生態調査など
          監修 (財)おかやま環境ネットワーク・評議員 伊藤 國彦(岡山県立大学名誉教授)
    Part 4 生活及び地域での環境問題など
          監修 (財)おかやま環境ネットワーク・理事 三村 健(サンコー印刷(株) 代表取締役)
   U.第1回から第10回までの助成報告書目録
   V.助成活動報告会一覧
   編集後記 おかやま環境ネットワーク助成部会長 野上 佑作
  
 ◇2008年度助成団体一覧
   団体名 企画名 
1 あかいわエコメッセ  あかいわエコメッセ2008 
宇内ほたるを守り育てる会  ホタルの住みよい環境をつくりましょう 
エコウェーブおかやま  第5回おかやま食と農まつり 
おかやまエコマインドネットワーク  すごろくゲーム作戦 
特定非営利活動法人おかやまエネルギーのマライを考える会  省エネの推進と自然エネルギーの導入拡大で地球温暖化防止!! 
岡山県恩原高原ウスイロヒョウモンモドキ特別委員会  ウスイロヒョウモンモドキの保護に関する調査活動 
おかやまコープ岡山西地域本部  岡山西地域エコチャレンジ08「ゴミダイエット大作戦」 
岡山の自然を守る会  リスとムササビの森プロジェクトにおける調査研究 
児島湾水圏環境研究会  「児島湾における水圏環境の変遷―過去、現在、未来」の研究 
10  こせみどりの少年隊  こせみどりの少年隊ホタルの復活大作戦 
11  「たけえだ・水辺の楽校」実行委員会  たけえだ・ふるさとミュージアム構想・2008 
12  長谷地区協議会  みんなで守ろうホタルの住む川・清流長谷川 
13  日本カブトガニを守る会 笠岡支部  笠岡市神島寺間・見崎里浜づくり 
14  由加の自然を調べる会  由加山の紅(黄)葉をさがそう 
15  夢づくりクラブ  総社市青谷川ホタル再生計画(申請企画名 青谷川ホタル育成会) 
 ◆これまでの助成実績
   助成団体数 金額(万円) 
1999年度  65 
2000年度  100 
2001年度  13  110 
2002年度  13  137 
2003年度  16  150 
2004年度  11  102 
2005年度  15  147 
2006年度  15  129 
2007年度  12  120 
2008年度  15  150 
2009年度  11  94 
2010年度  10  93 
2011年度  12  100 
2012年度  90 
2013年度  102.3 
2014年度 10 125.68 
2015年度  11  174.7 
2016年度  100 
合計  199 2,089.68 

◇過去の助成活動一覧は、こちらから(1999年〜2007年)
 ※本ホームページに掲載されている文章や画像については、無断転勤を禁じています。
  >> HOMEへ