最新情報・お知らせ

アメリカ合衆国における臨界前核実験対し抗議文を送りました

2019/07/09
 おかやまコープでは、「平和とよりよいくらしのために」というスローガンのもとにさまざまな活動をすすめています。
その一環として、“核兵器と戦争のない平和な未来を子どもたちに手渡す”平和の活動に取り組んでおり、各国が行う核実験・臨海前核実験に抗議文を送っています。
 今回のアメリカ合衆国における臨界前核実験に対し、すべての生命を脅かす行為であるとして、平田昌三理事長名で抗議文を送りました。

 
                        
 
2019年7月8日
 
アメリカ合衆国大使館気付
ドナルド・トランプ大統領 閣下

 
生活協同組合おかやまコープ
理 事 長 平 田  昌 三

 
アメリカ合衆国における臨界前核実験実施に抗議します
 
 貴国が2019年2月に核爆発を伴わない臨界前核実験を実施したこと、そしてそのことを公表しなかったことに強い憤りを覚えます。これは、2017年7月に122か国の賛成で採択された核兵器禁止条約に反し、核兵器廃絶を求める世界の世論に逆行するものであるとともに、他国に核兵器開発の口実を与えるものです。
 先に開催されたNPT再検討会議第3回準備委員会において、貴国から「核軍縮のための環境づくり(CEND)」が提起され、核軍縮に向けた今後の対話が注目される中、みずからは臨界前核実験を通じて核兵器の性能向上をすすめていたことは、国際社会に大きな不安と不信感をもたらすものです。
 子どもたちに平和な未来を手渡すことを願い、核兵器と戦争のない世界をめざして「平和とよりよいくらしのために」活動する私たちは、人類が再び被爆者を生む過ちを犯さぬよう、核兵器廃絶を求める取り組みを続けています。
 今回の貴国の実験に強く抗議するとともに、今後一切の核実験を中止し、「核兵器のない世界」の実現に向けて核軍縮に誠実に取り組まれることを強く求めます。

 
 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ
資料請求