• HOME
  • 組合員活動
  • ユニセフ活動

ユニセフ活動

「バケツ1杯の水をおくろう」からスタート

国際児童年の1979年、日々、水汲みの重労働に追われる開発途上国の子どもたちに「バケツ一杯の水を送ろう」と、全国的なユニセフ協力活動がはじまりました。
おかやまコープは、世界の子どもたちを支援する国際協力として、ユニセフ募金や学習活動をすすめています。

    * キャンペーン:CO・OPコアノン スマイルスクールプロジェクト

ユニセフ(国際連合児童基金)のあゆみ

「第二次大戦の荒廃から子どもたちを救う」目的で1946年の第一回国連総会で創設されたユニセフは、戦災国での援助活動を開始しました。
日本でも、戦争が終わったあと、たくさんの子どもたちが厳しい暮らしをしていました。
ユニセフは、1949年から1964年の15年間、日本の子どもたちに学校の給食で飲む粉ミルクや医薬品などを送り、その援助総額は、当時のお金で65億円にもなりました。

ユニセフの援助活動

世界中の子どもたちが、平和に、そして健康に暮らせるように、保健、教育、子どもへの虐待・搾取、HIVなどの分野で、開発途上国自身が問題を解決する力をつけることを目的とした援助、紛争や自然災害で苦しむ子ども達を守る緊急支援、復興支援に取り組んでいます。

募金の種類

一般募金

ユニセフが活動する150以上の国と地域で、子どものための幅広い支援活動に使われます。

緊急募金

自然災害や紛争などの緊急事態が起こった地域で、被害にあった子どもたちのための緊急支援に使われます。

指定募金

支援する国とプロジェクトを支援者が選び、募金する方法で、募金の使途がわかりやすくなります。
指定募金は、自分たちの支援の成果を具体的に知ることができ、また、支援している国について 学び、身近に感じることができます。

おかやまコープのユニセフ活動

ラオス指定募金

ラオス人民民主共和国は、東南アジアにおける後開発途上国として位置づけられた4カ国(アフガニスタン、ブータン、ネパール、ラオス)のひとつであり、世界で最も貧しい国のひとつです。  おかやまコープでは、1996年から「指定募金」の制度を活用して、中四国、関西地域の18生協とともにラオスの「乳幼児と女性のためのコミュニティ開発プロジェクト」に募金を届けています。
(一般募金の中から150万円を指定募金としています)

組合員の代表がラオスを現地訪問しました

2003年2月、日本生協連と7生協とともに、おかやまコープの組合員の代表がラオスの農村を訪問し、プロジェクトの内容や支援活動の様子などを学びました。その後1996年、2003年ラオススタディツアーに組合員代表が参加しました。

お年玉募金

~世界の子どもたちの笑顔のために~
1月~2月の取り組みです。宅配ではOCR注文用紙とeふれんずで、店舗では募金箱で受け付けます。

ユニセフ ハンド・イン・ハンド

~子どもたちのために手をつなごう~
日本ユニセフ協会の呼びかけで取り組まれている街頭募金で、おかやまコープでは岡山ユニセフ協会と協力し、12月23日を中心にコープの店頭や街頭で募金を呼びかけます。

いろいろな活動

「ユニセフのつどい」「学習会」「チャリティバザー」「コンサート」などを行なっています。お気軽にご参加ください。

募金でできる支援例
  • 1円 子どもたちの免疫力を高め、感染症にかかりにくくする
    ビタミンA カプセル1錠
  • 8円 下痢による脱水症状を和らげる
    経口補水塩(ORS)1袋
  • 107円 乳幼児から大人まで使用可能な
    HIV/エイズ簡易診断1キット
  • 357円 蚊が媒介するマラリアから子どもたちを守る、
    殺虫剤を施した蚊帳1張

日本ユニセフ協会

資料請求はこちら