最新情報・お知らせ

二万仮設住宅でサロン「夏休み!子どもたちの実験教室」開催

2019/07/30
 7月28日(日)、二万仮設住宅談話室(倉敷市真備町上二万)で仮設住宅の子どもたちから要望のあった「夏休み!子どもたちの実験教室」が開催され、おかやまコープ組合員、職員らが参加しました。
夏休み中ということもあり、「親子で安全に楽しめる実験」で「夏休みの自由研究になれば」という思いで開催。玉島北中学校の先生を講師に招き、小惑星探査機「はやぶさ2」についての自由研究をしました。


真剣な表情でロケット作りをする子どもたち


玉島北中学校山口先生(右)が子どもたちにやさしく指導

子どもたちは、友達と一緒に3つの実験をやって楽しみました。

実験①「かさぶくろロケットを遠くまで飛ばそう!」
実験②「はずまないターゲットマーカーをつくろう!」
実験③「ストロートローンボーンのドレミをみつけよう!」


思い思いの手作りロケットが完成


自慢の「ロケット」を飛ばし、飛距離を競う子どもたち

中学生や小学校高学年の生徒さんは、実験を通して理科や科学への関心にもつながったようです。
保護者の方からは、「夏休みの宿題が1つできてよかった」などの声が寄せられました。

サロンは今後も月1回開催される予定で、次回は8月2日(金)、コープ倉敷北にて、みなし住宅や仮設団地などにお住まいの方たちとの交流の場として“藤の花サロン”を開催します。
 
おかやまコープは、西日本豪雨で被災された方に寄り添い、一日も早い復旧・復興に向けて支援を続けてまいります。

 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ
資料請求