最新情報・お知らせ

「北長瀬コミュニティ・フリッジ」へ食料品贈呈

2020/12/16
新型コロナウイルスの影響が長期化し、子育て家庭を巡る生活課題が深刻化する中、日本で初めてとなる「北長瀬コミュニティ・フリッジ(地域のみんなの冷蔵庫)」を一般社団法人北長瀬エリアマネジメントが実施されることとなりました。これは、寄付された食料品等を貯蔵して必要な人がいつでも無料で受け取れる生活支援事業です。

おかやまコープは北長瀬エリアマネジメントより協力要請を受け、取り組み趣旨に賛同し、12月16日(水)、食料品の贈呈を行いました。


北長瀬エリアマネジメント石原代表(右)にお菓子を手渡すおかやまコープ市川全体理事
 

北長瀬コミュニティ・フリッジ(岡山市北区)で行われた贈呈式には、一般社団法人北長瀬エリアマネジメント 石原達也代表理事、おかやまコープ 市川洋子全体理事、上甲啓一執行役員が出席し、コープ地域づくり協働基金(※)と取引先4社から協力いただいた、お米・もち・お菓子など年末年始の食料品等約2000個を提供しました。

 石原代表からは「現在301名が登録しており、毎日多くの方が利用されています。特にこの年末年始の食料品提供は非常にありがたい。大切に活用していきたいと思います」と感謝が伝えられました。

 

食料品を貯蔵している冷蔵庫にプリンを収める市川全体理事


コミュニケーションボードに貼られた感謝のメッセージ
 

※コープ地域づくり協働基金

おかやまコープでは、だれもが安心して暮らせる地域づくりをめざして、行政やNPOなどさまざまな諸団体と協働して、食と農や商品、環境と地域再生、福祉や子育てなど地域の課題に取り組む活動をすすめています。その活動を支えていくために「おかやま育ち」商品を1点お買い上げいただくごとに0.2円を「コープ地域づくり協働基金」に積み立てています。

 

 



 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ