組合員の声を反映しています

宅配の配達時や店舗の売場などで、組合員のみなさまがお寄せくださったさまざまなご意見やご要望。 おかやまコープは、みなさまの「声」をお聴きし、たえず改善に取り組んでいます。

「お届け表の一番下の通信欄に名前の表示が有りますが、家庭で処分する時に不便です。 一番上だけに名前が有れば裁断するなり、スタンプなどで消すなりしやすいのですが、無くすことは出来ないでしょうか?」

これまでの、「○○△△さん(個人名)への通信欄」表記から『組合員さんへの通信欄』に変更しました。

2010年11月19日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「『CO・OP玉子どうふ(65g×3)』はしっかりしたカップに入っているのに、トレーまで使っていて、過剰包装だと思います。」

組合員さんのご意見をもとに、2009年6月企画から「トレー」を除いた商品となりました。

2010年11月19日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「CO・OPかつお風味つゆ(3倍濃縮)1000ml」を、よくお醤油と間違えます。区別がつきやすいように、何か改良はできないでしょうか?

このメーカーは「CO・OP本醸造特級しょうゆ1000ml」を作っており、容器の形状やキャップの色が同じで、 しょうゆとつゆの区別がつきにくいことがわかりました。組合員さんのご意見をもとに、キャップの色を「赤」から「オレンジ」に変え、 しょうゆとつゆの区別がつきやすいように変更しました。

2010年11月19日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「宅配で届いたたまごがつぶれていました。」
「個配で頼んだお豆腐が、保冷剤があたって凍っていました。」

たまごやシュークリームのつぶれ防止、豆腐等の凍結防止のために、 2010年3月より部分的に商品と保冷剤の間に緩衝材を使用し、お届けしています。
7月からは、冷蔵でお届けのすべてのシッパー(お届けの箱)に緩衝材をセットした状態でお届けできるように準備をすすめています。

2010年11月19日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「たまごパックが開けにくい。また、
パックで手を切ることもあるので、改善してほしい。」
たまごパックの開け口をテープシール方式にしました。開けやすくなり、手を切ることもなくなると思います。
宅配:たまごパックの回収・リサイクルについて

これまで、パックを上下切り離して提出いただくようお願いしておりましたが、新しいたまごパックは上下を切り離さず、 開いたままでご提出くださいませ。(回収するパックは、おかやまコープの宅配でお届けした産直たまごのパックのみです)

2009年4月29日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「リサイクルのコーナーに、リサイクル品を持参する人はエコ意識が高いと思われますが、集めたものが、 ○○○になりますなど、説明(POP表示)があるといいと思います。 」
リサイクルへの関心をより高めることにつながる、たいへんよいご提案をありがとうございます。 さっそく、リサイクル品の循環を表現した掲示物を作成し、とりつけました。

2008年12月29日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「マヨネーズの容器の口が大きくて、大量に使うときは良いのですが、少量使いたいときはとても不便です。 小さな穴の開いた中ブタのようなものは付けられないでしょうか? 」
2008年11月1日製造分より、「コープマヨネーズ全卵タイプ 400g」でダブルキャップ(太口、細口併用タイプ)を採用しました。
なお、「コープハーフマヨネーズタイプ 油ひかえめ 400g」は、すでに2007年11月1回からダブルキャップに変更済みです。

2008年11月21日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「『かきコロコロ煮』、カキの表面に黒いものが付着していました。汚れも落とさずに調理しているのですか?」

ご指摘の黒い付着物は、カキから出た蛋白質とグリコーゲンが加熱で凝固し、タレの色に染まって黒い凝固物(アク)となって付着した物です。 (加熱時に表面に浮かんでくるので、随時除去しながら作業を実施しておりますが、完全に除去することは困難です。)
原料由来のものであり、人体に悪影響のないものですが、10月2回企画分より包材ラベルの「使用上の注意欄」に 次の文言を明記するようにいたしました。
「カキの表面にカキの蛋白質等がかたまった黒い凝固物が付着している場合がありますが、 品質には影響ありませんので安心してお召しあがり下さい。」
もちろん、付着物自体も少なくできるよう、製造時のアクの除去を十分行なうように、メーカーに重ねて要請しております。
どうぞ、安心してお召し上がりくださいませ。
2008年11月12日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「小麦粉と同様に使いたいので、お店で『米粉』を扱ってもらえませんか?」

用途に合わせてお使いいただけるように、お菓子づくり専用の米粉、薄力米粉、強力米粉を品揃えいたしました。
ぜひ、ご利用くださいませ。
2008年11月12日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「店舗のトレイにまだまだ無駄と思われる使い方が多く見られます。ゴミ有料化、石油価格高騰の折、 できるだけ削減できるよう、もっと努力してほしい。」
ちりめん、ブラックタイガーでのノントレイ販売を実験も含め実施していきます。 また、塩干品中心になりますが、バラ売りの企画頻度も組合員さんの利用支持に応じて対応していきます。

2008年11月7日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「宅配のクリーンパックのお肉のパックが開けにくい。どこから開けるのかよくわからない」
宅配のお肉のクリーンパック商品は、平成12年に設備を新しくした際、 パックの四隅のうち一つに接着しない爪をつくった開けやすい包材(イージーオープン包材)としました。
しかし、今回のご意見を受けて、実際にパックを開ける実験を行なったところ、 開けやすいものと開けにくいものが、だいたい1:1の割合になりました。
このように開けにくいパックが発生するのは、設備を新しくしてから8年が経過し、 シール強度に多少ムラが生じていることが原因ではないかと推測します。 対策として、パックのフタ部分の素材を、より「はがしやすい」性質のものに変更することとしました。 これによって、シール強度のムラも気にならない程度に抑えられると考えられます。
開け口は、ラベル正面から見て右上角になります。 ここから、手でカンタンに開けることができますのでお試しください。 (イージーオープン包装であることをお知らせできるようラベルに表示ができないか、メーカーと協議中です)

2008年10月14日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「イタリア産カットトマトの缶を開けようと、取っ手を上げたら、簡単にプルトップが取れてしまいました」
プルトップが衝撃などでズレ、少し横に向いた状態のままプルトップが引き上げられ、 開缶するための溝部分にプルトップの爪がかからず、プルトップ自体もはずれてしまったものと考えられます。
このようなことを防ぐため、2008年製造分から、プルトップを固定する突起を、2箇所から3箇所に増やしてプルトップのズレを防止、 より確実にプルトップの先端部分が溝に当たるようにしました。 さらに、プルトップの先端部の形状も変更し、溝が切れやすくなるように改善しました。

2008年8月7日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「わかめの袋の口が、留め具(クリップ)だけで封をしてあるのは、カンタンすぎて不安に感じます」

安心してご利用いただくために、袋の口をシールで留めてから、クリップでもう一度留めるようにいたしました。
(「CO・OP鳴門産茎つき生わかめ250g」は6月1回企画から、「CO・OP鳴門産生わかめ150g」は6月2回企画から、変更いたしました)
2008年8月5日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「『牛窓産いかなごちりめん』、配達された時点で、ちりめんがすべて黄色になっていました。 こんなのはじめてです。大丈夫なのでしょうか?不安です」

牛窓近海で水揚げされた「イカナゴ」は、干した時に黄色味を帯びる物が多いようです。 これは、牛窓沖は、海底が砂地で海が浅く流れがゆるやかでイカナゴの餌となるプランクトンが豊富なためと、 「イカナゴ」自体が魚体の色が薄く脂を多く持っているためと考えられます。 (他の産地、たとえば明石海峡など流れが速く、海が深い所では、青黒い色になることが多くなります)
「黄色になっていた」というのは、品質的な問題があるというのではなく、産地による原魚の特性によるものと思われます。
しかしながら、不安に感じられる場合もあろうかと思いますので、 4月5回企画分より商品の包材に、 「漁獲場所により魚体が黄色味を帯びる場合がありますが品質には問題ありませんので安心してお召し上がり下さい」という 注意書きを明記するようにいたしました。
2008年8月5日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「エルベナテトラモイストエッセンス、ポンプを押しても中身の液が出てこないのですが……」
この商品は、濃厚でコクのあるミルクタイプの美容液なのですが、気温が低くなった際、液の粘性が通常以上に高くなってしまいます。 そのために、ポンプを押しても管で液を吸い上げることができにくくなっってしまい、 「ポンプを押しても中身が出てこない」ということ状態になってしまったのではないかと推測されます。
このようなことを改善するために、3月4回企画より、新しくエアレス容器を採用しました。
エアレス容器は、中が真空で、プッシュして中身を出すごとにエレベーターのように底が上がっていく仕組みになっています。 仮に温度の影響で液の粘性が増しても、底が上がって押し出されるため、スムーズに液が出てきます。

2008年8月1日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
お肉のトレイって、脂でベタベタしているのをリサイクルするのに洗わないといけないでしょ。 結構、手間がかかるのよね。こんな「袋入り」商品、もっと増やせませんか?
ミンチに加えて、3種類の「袋入り」商品を、毎日ご用意するようにいたしました。

2008年7月7日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「コープトイレクリーン、逆さにして使っていると、液モレして、手が汚れます。もう、使いたくありません。」
使用中にボトルがへこんでしまうのを防ぐために、空気を入れる小さな穴があいているのですが、 逆さにするとそこから中身の液がもれてくることがわかりました。 そこで、ボトルを改善。逆さにしても液モレしなくなりました。 安心してお使いください。

2008年7月4日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「コープロースハム、開け口がくっついて、とても開けづらい。指でつまんでも開ける前に閉じてしまい、イライラします。」
開け口を大きくし、フィルムのおもて面に凹凸をつけることによって、つまみやすく、開封がスムーズになりました。

2008年6月27日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
「先週、宅配で届けたもらったイチゴが傷んでたよ。子どもも楽しみにしていたのに残念。」
専用の紙容器に入れて冷蔵ピッキングすることで、「出荷」から「お届け」まで、ずっと「冷蔵」の状態を保てるようにしました。
※専用の紙容器は回収して再利用しています

2008年6月25日掲載 ↑改善した事例一覧に戻る
資料請求