最新情報・お知らせ

​AMDA社会開発機構に支援金100万円を贈呈しました。

[2017/05/16] お知らせ

 5月11日、AMDA社会開発機構が行う「ホンジュラス母子保健向上事業(※)」に対して、2017年度の活動支援金100万円を贈呈しました。
(※)「ホンジュラス母子保健向上事業」は、AMDA社会開発機構がホンジュラス共和国で進めている活動です。安全なお産と子育ての教育などに取り組んでおり、おかやまコープは13年11月・15年3月・16年4月にも支援金100万円を贈呈しています。16年8月には平田理事長と市川洋子全体理事がホンジュラスを訪れました。
詳しくはこちら⇒
AMDA社会開発機構ホンジュラス母子保健事業を現地視察しました。

 オルガ本部で行われた募金贈呈式では、おかやまコープ平田昌三理事長からAMDA社会開発機構 田中一弘 海外事業部長へ募金の目録が手渡されました。
平田理事長(左)とAMDA社会開発機構 田中部長
平田理事長(左)とAMDA社会開発機構 田中部長


林裕美さん 募金贈呈式のあと、海外事業部プログラムコーディネーターの林裕美さんから現地での支援活動の報告がありました。ホンジュラスのくらしの紹介や、おかやまコープからの3年間の支援により、ダンリ市16ヵ所の保健所で「総合ビタミン剤の配布、保健・栄養研修、新生児キットの配布」などが実施できたこと等、お聞きすることができました。今年度はアラウカ市4ヵ所の保健所で、これまでの活動に加え、キッズスペースを設けてキッズクラブ活動を始める予定だそうです。

 

 


 最後に、岡山東・岡山西・倉敷・井笠エリアから、平田理事長や市川全体理事を招いて開催した現地視察報告会の報告がありました。報告会に参加した方からの「同じ母親としてこれからも応援していきたい」「遠い国だけど、現地のくらしなどを知ることでつながりを感じた」「プレゼントが現地のお母さんに喜んでもらえたと聞いて嬉しい」などの声をお伝えすることができました。

 

 2017年度は、AMDAとの連携協定締結10周年・AMDA社会開発機構設立10周年の記念の年にあたります。これまでの活動を振り返り、さらに支援をすすめていくことを確認しました。

 
おかやまコープの組合員・役員など42名が参加しました
おかやまコープの組合員・役員など42名が参加しました
資料請求