最新情報・お知らせ

恩納村漁協を訪問し、お見舞い金贈呈

2019/10/22
 10月18日(金)、おかやまコープ平田昌三理事長が、恩納村漁協を訪問し、お見舞い金と組合員さんからの応援メッセージを贈呈しました。
多くの組合員さんにご利用いただいている「恩納村産もずく」ですが、2018年9月に発生した台風24号による育成サンゴへの被害、海水温上昇の影響により、特に「糸もずく」の水揚げは極めて少ない状況となっています。そのような状況を受け、おかやまコープ役職員のカンパ、沖縄フェアでの募金、組合員活動によりお見舞い金249,474円が集まり、組合員さんからは心のこもった温かいメッセージも寄せられました。


恩納村漁協 金城重治組合長(右)にお見舞い金目録を贈呈する平田理事長

平田理事長は、昨年の「コープフェスタ2018」に恩納村漁協から比嘉参事が参加され、売上金額を「西日本豪雨災害支援金」として贈呈いただいたことへの感謝を伝えました。
 詳しくはこちら


応援メッセージ一つひとつに目を通す恩納村漁協 金城組合長(左)と比嘉義視参事

産地の様子や近況報告など、情報交換を行う中で、「糸もずく商品を組合員さんに届けたい」という生産者の思いもお聞きしました。



贈呈式後、来シーズンの収穫に向け、種付けが行われている糸もずくの水槽を視察しました。
種を入れた水槽に養殖網を2週間ほど置いて種付けをします。



網に付いた種を確認する平田理事長(右)

最後に全員で記念撮影し、おかやまコープはじめ、取引先の皆さん、産地の皆さんが一丸となって良い商品づくりができていることを再認識する場となりました。



恩納村漁協では、長年、海の環境を守る活動を続けており、おかやまコープはその活動を応援するため、「もずく」など対象商品1点につき、宅配は2円、店舗では1円の「もずく基金」に取り組んでいます。基金は、恩納村漁協がメーカーや行政と一緒になって取り組まれる、サンゴ礁再生事業に利用され、サンゴの養殖のために使われます。

詳しくはこちら
 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ
資料請求