最新情報・お知らせ

「くらしき子ども平和サミット」(倉敷エリア)を開催しました

2021/08/17
「くらしき子ども平和サミット 忘れない・・・あの日、あの時」(倉敷エリア)が、8月3日と8月17日に開催されました。

14年目となる「くらしき子ども平和サミット」には、今年度は4人の子ども達が参加しています。
 
《第1回 8月3日》
「亀島山地下工場を語りつぐ会」事務局長の村田秀石(しゅうせき)さんから「亀島山地下工場跡(倉敷市)」について講演がありました。

※2019年の同企画の「亀島山地下工場跡」見学のようすはこちらから
「忘れない、あの日、あの時」第2回 「亀島山地下工場跡」を見学しました
 
《第2回 8月17日》
村田秀石さんと倉敷エリアの和泉(いずみ)かよ子さんから、まとめのお話がありました。





長く平和の活動に関わってこられた和泉さんからの「出会って、知って、学んで、行動することがとても大事」というメッセージのとおり、さまざまなことを知り、しっかり学んだ2日間でした。
 
【アンケートより】
*企画に参加してみてどうでしたか。
・わかりやすく大変勉強になった。1回目の企画後、亀島山に初めて登ってみた。感慨深かった。
・核兵器禁止条約のことなど、「へえ、そうなんだ」と思った。
・平和の大切さがよく理解できた。
・平和教育は大切だなと思いました。
・知らないことがまだまだたくさんありますね。知ることは楽しいですね。学ぶことの大切さを改めて感じました。
 
*特に印象に残ったことは何ですか。
・戦争で何人も死んでいるから、絶対にしないと思った。
・戦争は人がどんどん死んでいくので、とてもおそろしい。
・水島は工場を狙い撃ちし、岡山は住宅街を攻撃したこと。だから水島は亡くなった人が少なかったのですよね。改めて水島の道路を見ると、まっすぐ4車線なんだ・・・滑走路だったんだなぁ、と気付いた。
・「物事はいい方に取りなさい」という言葉。心にジーンと残りました。出会いのすばらしさとか。今回のこの出会いですかね。よいお話が聞けました!
・核兵器は絶対ダメということ。世の中が変わっていっていること。
・「出会って知って学んで行動する」大切ですね。怒ること、声をあげ続けること、必要ですね。
生協のご案内と加入について
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
eふれんず eふれんず
宅配チラシ
新聞折込チラシ
イベント情報