植物由来素材100%のレジ袋になりませんか?

組合員の声
レジ袋の植物由来素材は100%のものにならないでしょうか?
レジ袋の植物由来素材は100%のものにならないでしょうか?

現行のレジ袋は、自然由来素材(非生分解性バイオマスプラスチック)50%配合のもので、Lサイズ3円・LLサイズ5円です。レジ袋の原料には添加剤等も含まれるので実際には95~96%に高めるのが限界だと思われますが、その割合で製造した場合、現行の1.5倍ほどの価格となる見込みです。

また、9割を超える方がマイバッグを使用されているため、今のところレジ袋を変更する予定はありません。ご要望にお応えできず申し訳ありません。

「非生分解性バイオマスプラスチック」に対し「生分解性バイオマスプラスチック」もあり、こちらの方が環境によさそう、という印象がありますが、

  1. 価格が10倍ほどになる
  2. 「微生物生分解性」「海洋生分解性」など様々な種類があるものの、普通のゴミとして捨てられると分解されない

といった理由から、現状では「非生分解性バイオマスプラスチック」配合の袋を使用しています。

レジ袋
生協のご案内と加入について
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
eふれんず eふれんず
宅配チラシ
新聞折込チラシ
イベント情報