今までと同じ「国産大豆の豆腐」を届けてほしい。

組合員の声
「国産フクユタカ100%木綿・絹とうふ」が代替品に変わりましたが、『消泡剤』が使われています。今までと同じ品質のものを届けてください。
「国産フクユタカ100%木綿・絹とうふ」が代替品に変わりましたが、『消泡剤』が使われています。今までと同じ品質のものを届けてください。

20年8月、「国産フクユタカ100%木綿・絹とうふ」の製造委託先メーカーである(株)東洋食品が事業停止となり、商品のお届けができなくなりました。

代替品は、原料大豆の品種や製造方法の異なる商品で、食品添加物の一種「消泡剤」を使用しています。消泡剤は製造中に発生する泡を取るためのもので、できあがった豆腐の中に成分は一切残らず、安全性にも問題はありません。

豆腐の製造においては、品質上も衛生上も泡を取り除くことが大切ですが、消泡剤を使用しない場合、特別な技術や設備が必要で割高になります。現在、その技術・設備のあるメーカーで「消泡剤を使用しない、以前のものと同等の豆腐」をお届け出来るように試作や協議を続けています。

2021年春の発売を目指して、組合員によるモニターを実施するなど準備を進めていますので、もう少々お待ちください。

生協のご案内と加入について
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
eふれんず eふれんず
宅配チラシ
新聞折込チラシ
イベント情報