最新情報・お知らせ

「AMDA-MINDS ~ネパールのことを知ってみよう~」(備北エリア)が開催されました

2021/10/12

10月12日、「AMDA-MINDS ~ネパールのことを知ってみよう~」(備北エリア)がコープ総社東で開催され、オンライン参加1名を含む15名が参加しました。

 AMDA-MINDS(アムダマインズ=AMDA社会開発機構)の小林麻衣子さんを招いて、ネパールの文化やくらしのこと、お母さんと赤ちゃんを取り巻く課題、AMDA-MINDSの活動内容について学びました。コロナ禍でさまざまな制約のある中、妊婦さんが無事に出産できるようサポートを続けたことなどをお聞きしました。

現地のスタッフの皆さんからのビデオメッセージも見せていただきました。


本やおもちゃ、日用品などに興味しんしん。


小林さんが持っているのは「牛の首に付ける鈴」だそうです。
 
講演のあと、小林さんにネパール語を教えていただいて、おかやまコープから贈呈した「赤ちゃんキット~おかやまコープ」に添えるカードを書きました。

 



林さん「いつもあたたかいご支援をありがとうございます。
そのあたたかさをそのまま現地のお母さんたちに伝えられるよう、活動を続けていきたいと思います。」


この企画は、美作エリア・岡山東エリア・倉敷エリアに続いて4回目です。「どの会場でも、とても真剣に耳を傾けてくださいます」と小林さん。質疑応答ではたくさんの質問が寄せられ、チャリティバザーやAMDA募金へも多くの方が協力していました。
 



想いのこもったカードができあがりました。ネパールのお母さんと赤ちゃんに届く日が楽しみです。

【参加者アンケートより】
・ネパールの生活の様子がよく分かりました。服や日用品の展示もあって、ネパールを今までより少し身近に感じることができました。アムダマインズさんの活動は大切な活動だなと改めて感じました。
・ネパールの女性の現状を知り、大変さも痛感しました。私たちの支援がしっかり届いてほしいなと思いました。
・いつも感じることは、私たち日本人は大変恵まれている生活を送っているということ。私たちが何気なく食べているものについても、届くまでの流れをしっかり知るということが本当に大切だと感じました。今日は大切なお話を聞くことができ、よかったです。ありがとうございました。
生協のご案内と加入について
新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ
eふれんず eふれんず
宅配チラシ
新聞折込チラシ
イベント情報