まさおの部屋

えしかる まさお

えしかる まさお
えしかる まさお

エシカル伝道師の道

2021年6月7日(月)早朝に、2050年の未来からやってきた「えしかる まさお」。
2050年は今のままで行くと夏の最高気温は40度近くになる。脱水症状で意識もうろう状態の時に、ミミズク型AIロボットの「未来(みく)ちゃん」に助けられ、2021年以前の環境や文化を「みくちゃん」から聞き、過去に戻ってエシカル活動の普及の手助けをしてほしいと頼まれるのであった。
命の恩人の頼みを断れなかったことと、幼い頃にうっすらと記憶に残る美しい瀬戸内の景色がもう一度見たくなり、「みくちゃん」と共に2021年に戻ってエシカルの伝道師となることを決めた。

えしかる まさお

昭和カルチャーとまさお

2021年へタイムトラベルして30年前の生活に馴染めるようにと、事前に「みくちゃん」から膨大な量の昭和・平成・令和の映像ライブラリーを見せられた「えしかる まさお」は、昭和歌謡あたりのカルチャーにはまってしまう。髪型や喋り方は昭和の大スター達の影響を大きく受けているようだ。(みくちゃん談)そのため、30年後から来たのにどこか懐かしさを感じさせる風貌。その結果、現代にやってきて、ご近所の奥様たちから「昔の男前よね」と人気がある。

えしかる まさお

エシカル伝道師の使命が強すぎて、「エシカらん!」「エシカろうぜ!」などが口癖。エシカルを未来につなぐという使命感から、「えしかる まさお」と名前を変えて任務を遂行し、Eマークのついた「つなぎ」を着ている。
性格はお人好しで感動屋。おいしいものを食べると自然に涙が出てグジョグジョになってしまう。趣味はかしこいお買い物とインスタをすることである。
2050年には環境破壊がすすみ、海水温が高すぎてカキが獲れなくなっている。つい先日、(岩)カキを食べた時には、「うぉ~!これがカキか~!」って感動し、使命感を新たにしている。

ミッション達成でエシカレンジャーに!

「みくちゃん」は、「えしかる まさお」を「エシカレンジャー」というヒーローに変身させることができる。
しかし、「えしかる まさお」はエシカルの伝道師になって間がなくミッションコンプリ―トできていないので、まだエシカレンジャーになれない。最初のエシカルキャンペーン ミッションコンプリート(達成者)が出る前に、「エシカレンジャーに変身しなければ!」と、「えしかる まさお」は焦っている。

えしかる まさお

みくちゃん

みくちゃん

2021年にエシカル普及のキャンペーン用に作られ、ミミズク型AIロボットの未来(みくちゃん)と名付けられた。
本来はエシカルの普及に活躍するはずだったが、子どもから人気がなく、あまり出番がないまま倉庫に眠っていた。
その間も環境や社会情勢などの情報を蓄積していき、気候変動で変わりゆく未来を人知れず嘆いていたのであった。
ひょんなことから過去へ戻れる力を手に入れ、真夏の瀬戸内海で脱水症状を起こしていた「えしかる まさお」をエシカル伝道師にし、過去に戻って「エシカルのやり直し」をすることになる。

みくちゃん

物知りで時々会話がくどくなってしまうが、心優しいAIロボット。
「えしかる まさお」をエシカレンジャーに変身させることができる(まだしたことはない)

みくちゃん

エシカルについての知識が豊富なため、「えしかる まさお」によくエシカル消費のアドバイスをしている。
時々、まさおの突拍子もないリアクションに困っている様子が見られる。

まさおピックアップ

エシカルキャンペーン「ミッション」報告から、
まさおの視点で「エシカってる」ものをピックアップ!

まさおからのメッセージ

まさおからのメッセージ
まさおからのメッセージ