最新情報・お知らせ

​北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の核実験実施に対し抗議文を送りました

[2017/09/06] お知らせ

 おかやまコープでは、「平和とよりよいくらしのために」というスローガンのもとにさまざまな活動をすすめています。

 その一環として、“核兵器と戦争のない平和な未来を子どもたちに手渡す”平和の活動に取り組んでおり、各国が行う核実験・臨界前核実験に抗議文を送っています。

 今回、6回目となる北朝鮮の核実験に対し、すべての生命を脅かす行為であるとして、平田昌三理事長名で抗議文を送りました。


 
―――――――――――――――
 
おかコ発17-026号
2017年 9月 4日
朝鮮民主主義人民共和国
国防委員会委員長
金 正恩 殿
生活協同組合おかやまコープ
理 事 長 平田 昌三

 6回目の核実験強行に抗議します 
We protest a nuclear test

 貴国は9月3日、「大陸間弾道ミサイル搭載用の水爆実験に成功した」と発表しました。貴国の行為は、「いかなる核実験または弾道ミサイルの発射もこれ以上実施しないこと」を要求した国連安保理決議や、貴国が「一切の核兵器および現在の核計画を放棄する」と合意した六カ国協議共同声明にも違反するものであり、また、世界の平和と安全の構築を脅かし、核兵器廃絶を望む圧倒的多数の世界の人びとの願いを踏みにじるものとして断じて許すことはできません。
 今後は、貴国が日本をはじめ周辺国への脅威を与え、貴国民の不利益を推し量らない愚かな行為である核実験を繰り返すことのないよう強く求めます。
 
 子どもたちに平和な未来を手渡すことを願い、核兵器と戦争のない世界をめざして「平和とよりよいくらしのために」活動する私たちは、広島と長崎の原爆被害により、体と心と生活の苦しみを負い、身をもって核兵器廃絶を訴える日本の被爆者とともに、貴国がただちに核兵器の開発・実験を中止し、核兵器を完全廃棄することを求めます。

 
資料請求