最新情報・お知らせ

美作市社協と「食の自立支援事業」協力協定を締結

2018/06/04

 おかやまコープは6月4日(月)、美作市社会福祉協議会と「食の自立支援事業」協力協定を締結しました。
美作市では、ひとり暮らし高齢者等へ食生活の改善、健康保持及び孤独感の解消を図り、健康で自立した生活を送ることができるよう「食」の自立の観点から食関連の支援をすることを目的に「食の自立支援事業」を実施されています。
 美作市社協は、美作市より同事業を受託して3地域で実施されていますが、大原・東粟倉地域では高齢者向けの弁当調達が困難で、配食サービスの継続が厳しい状況にありました。

 昨年11月、美作市、美作市社協、おかやまコープ3者で「地域見守り活動に関する協定」を締結したことを機に、美作市社協からおかやまコープへ配食サービスへの協力依頼があり、協議を重ね、締結に至りました。

 両者が連携してそれぞれの持つ人材、サービスなどの資源を活用することで、大原・東粟倉地域の「美作市 食の自立支援事業」の利用者へ、月~金曜日の平日に「おかやまコープ たべてん便」の弁当をお届けします。
このことで、ひとり暮らし高齢者等へ食生活の改善を図り、健康で自立した生活を送ることができるよう、食関連の支援をすることとなっています。


美作市役所で行われた調印式では、おかやまコープ平田昌三理事長、美作市社会福祉協議会山本眞澄会長が協定書に署名しました。
また、来賓として、美作市萩原誠司市長が挨拶されました。



        協定書に調印した山本会長(左)と平田理事長




          前列左から、山本会長、萩原市長、平田理事長

 
 今後も、高齢者が住み慣れた地域で暮らしていくことができるように、見守り、買い物などの生活支援サービス充実についても協議していきます。

 
資料請求