最新情報・お知らせ

柳井原仮設団地で「うどんの手打ち体験」を開催しました

2019/08/28
 8月24日(土)、西日本豪雨で被災された方々が暮らす「柳井原仮設団地」(倉敷市船穂町)で「うどんの手打ち体験」が開催され、住民約30名とおかやまコープの組合員、職員、ボランティアグループ「夏色」、倉敷市社会福祉協議会、金光学園の生徒らスタッフ約20名が参加しました。
参加者全員でうどんを作り、食事をしながらゆったり過ごしていただきました。







住民の方の中には、8月いっぱいでご自宅に戻られる方もおられ、少しずつ前へすすんでいることがうかがえました。
 
限られた時間でしたが、参加者とスタッフ、参加者同士のおしゃべりに花が咲き、人と人とのつながりを感じる1日となりました。



参加者からは「初めてうどんの手打ち体験をした」、「仮設での暮らしは孤独になりがち。人とのふれあいが、元気の源です」、「おいしかった。またやってみたい」といった感想が寄せられました。



おかやまコープは、住民同士の交流を目的としたサロンを定期的に開催しています。
〇9月6日(金)「ほっとカフェinコープ」(コープ総社東)

〇10月5日(土)「藤の花サロン」(コープ北畝)
 内容は、8月2日(金)にコープ倉敷北で開催した内容を予定しています。
 詳しくはこちら

 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ
資料請求