最新情報・お知らせ

「おしえて~教授! どれを選んで食べたらいいの?Part4」(美作エリア)

2020/01/10
 1月10日、「おしえて~教授 どれを選んで食べたらいいの?Part4」(美作エリア)がコープ林田で開催され、組合員30名が参加しました。
 
 講師に美作短期大学 栄養学科長の桑守正範(くわもり まさのり)教授をお招きし、成長期・更年期に必要な栄養素やサプリメントの使い方、健康に長生きする秘訣などを学びました。
 美作エリア「おしえて~教授!どれを選んで食べたらいいの?」
 
~先生のお話から~
成長期に必要なのは、身体をつくる材料&エネルギーです。成長期には「たくさん食べること」はもちろん、何を食べるかも重要。インスタント食品や加工食品にはリン酸塩が含まれることが多く、カルシウム吸収を妨げるので、とり過ぎないように注意しましょう。
 
更年期は、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少の影響で不快な症状が現れることが多くなります。バランスのよい食事が肝心ですが、中でも食物繊維やビタミンDを多く含む食品がおすすめです。
  
食事だけでなく、身体を動かして骨に負荷を与え、身体に栄養を定着させることが重要です。最適なのは「散歩」。駐車場に車を停めるとき、ついつい入口から近いところに停めていませんか?意識して「遠い場所」に停めましょう!現代人の身体の不調の多くは、歩かなくなったことが原因です。

  
桑守正範先生
桑守正範先生
「食事は毎日のことなので、あまり堅苦しく考えずに、1週間くらいで帳尻を合わせるくらいの大らかな気持ちで大丈夫です。食事は『楽しむこと』も重要な要素ですから。自分にとって適正な食事量を知って、規則正しく食べるようにしましょう」


 講義後は質問タイムで盛り上がりました。参加者から出されたたくさんの質問に対して桑守先生から丁寧な回答をいただき、より理解が深まりました。
 
《参加者の感想》
*毎日の積み重ねの食事が体をつくっていることは分かっていても、それに加えて運動の重要性も改めて感じることができました。成長期の子どもは無意識にでも体をよく動かしていると思いますが、これからの自分には少しでもエネルギーを使う筋肉をつくらないといけないなと思いました。先生のお話、とても楽しくてあっという間でした。

*仕事で調理をしているので栄養について考えさせられました。成長期の子ども達にはカルシウムたっぷりのボリュームあるおいしい食事になるように気を付けていきたいと思いました。個人的には更年期なので、太りやすくイライラしがちなので、運動してストレス発散したいと思います。

*バランスのとれた食事と運動!分かっているけどなかなかできていないこと。今年はこのことをいつも頭の中に置いて実行できるよう、頑張りたいと思います。

 
生協のご案内と加入について
eふれんず eふれんず
新聞折込チラシ
チラシ
資料請求